借入可能額は融資のサービスでかなり違う

融資における借入可能額は、それを利用するサービス内容によってかなり異なっています。例えば、銀行と消費者金融では法律的な限度額の規定が存在するか否かによって大きく可能額の違いが生じています。銀行そのものには、融資の限度額は存在しませんが、消費者金融にはそれが存在するのも、こうした法律的な限度額の規定が存在することに大きく関係しています。消費者金融に、融資の可能額が存在するのは消費者の有志に関する安全性を確保しようとする総量規制という規制が設けられているからです。総量規制というのは、消費者金融に借入にやってきた本人の年収を一定の条件として、可能額を決定する規制のことを意味します。この条件は、年収の三分の位置と決められているので、少額融資を利用するときにはこの三分の一を超える範囲でお金を借りることはできません。実は、こうした消費者金融の限度額に関する法律的な規定は、一見して銀行のサービスに分類されるものにも適用されます。そのため、実際にサービスを利用するときにはその可能額に達していないかを必ず確認しなくてはいけません。

この典型的なサービス例としては、大手の金融機関が提供しているクレジットカードのキャッシング枠があります。クレジットカードには、ショッピング用に存在しているショッピング枠と、そのまま現金を利用できるキャッシング枠の二つが存在します。実は、現金をそのまま利用しないショッピング枠に関しては総量規制は適用されないのですが、現金を直接借りることができるキャッシング枠に関しては、金融機関のサービスとは言え総量規制の対象として融資が制限されます。キャッシングというのは、もともと個人の消費者に対する少額融資に限定して提供されているサービスであるため、少額融資として提供されるサービスではたとえ銀行としてサービスを提供していたとしても総量規制の対象となるのです。そのため、こうした可能額に関する状況を知りたいときにはそれぞれのサービスを個別に検討していくことが重要になります。